So-net無料ブログ作成

コメントについて運営方針変更 [雑記]

これまでコメント欄については一切制約を設けず、削除したことも一度もありませんでした。
それが批判であれ、コメントを頂くことは私にとって「読んでいる人がいる」ことの証明で、ブログをやる上での支えになる部分も少なくないからです。
また、死刑制度の問題については、廃止論者が「人の意見を聞かず、自分だけの勝手な価値観で廃止を求める閉鎖的な人間」と思われがちな部分があるため、存置の方々とも積極的に議論していこうと思っています。それについては今後も変わりません。

******************
ただ今後、光市事件の弁護側主張の真偽を議論したり、遺族の言動を「評価」したり、被害者感情を決め付けるようなコメント(と私が判断したもの)については削除します。
その他、私が不適切と思ったコメントについても削除する可能性もあります。ただ、批判=削除ではないので、その点はご理解いただければ幸いです。
これまで頂いたコメントについては、とりあえず現段階では削除しません。
******************

私は光市事件について、弁護側主張の真偽、事実関係はどうだったか、被告に更正の可能性があるか、判決はどうなるか、といった評価は消してしないと決めています。私は裁判資料をすべて目に出来る立場に無いし、本件を担当している裁判官でもないからです。
弁護団を援護するにせよ、それは「彼らの主張が正しいから」ではありません。主張が正しいか間違っているか、私には分かりません。
ただ、弁護団の主張が歪曲されて報じられたり、誤報が少なくない中、誤った前提の元で事件そのものや弁護団が議論・評価されていることには疑問を持っています。また司法制度の観点から言って、(例え荒唐無稽な主張でも)主張すること自体が禁じらてしまうのでは、刑事弁護一般に悪影響を与えかねないとの心配もしています。
被害者遺族の心情や言動については、被害にあわず平穏な生活を送っている自分が、「こうだ」と決め付けたり、「こうあるべき」と評価することは失礼に当たると思います。そのため、そうした言動には慎重でしたし、これからも慎重でいたいと思います。

私がこの事件について扱うのは、あくまでも「事件そのものと、事件報道に社会がどう反応しているか」「司法制度の観点から言って、弁護人バッシングに問題は無いのか」「この事件に見られるような死刑推奨ムードはいかがなものか」「遺族感情を簡単に厳罰要求と決め付けて良いのか」といった「余波」の部分であり、事件そのものについて議論するつもりはありません。
具体的な事件内容(弁護側主張の信憑性など)について他人が議論したり、被害者の心情について勝手に予想したり、被害者の態度を「評価」することは、少なくとも私にとって「人の不幸をネタにする行為」だからです。

橋下弁護士についても、彼の思想信条や人間性に言及するのは極力避けたいと考えています。
個人的には彼の思想信条も人間性も、いかがなものかとは思います。
ただ懲戒請求問題については、弁護人の主張内容や「説明義務」を根拠に職務を妨害して良いのか、刑事弁護を萎縮させる危険性は無いのか、といった観点から考えたいと思っています。個人の人間性批判で終わらせたくありません。
橋下さんが嫌いだとか、橋下さんに品が無いとか、橋下さんの人格に問題があるとか、橋本さんが思想的にどう、といった議論に私は極力参加したくありません。
仮に彼が人間的に素晴らしくて立派な思想を持っていたとして、だからと言って懲戒請求の扇動が許されるとも思いません。エントリー作成やコメントを返信する上で、個人批判になる部分もあったことは今では少し後悔しています。

ま、そういうことで。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

かに

sasakichさんのお気持ちよくわかりますよ~。

いろいろな報道が飛び込んできますが、光市の件で思い知らされました。物事を一面だけ捉えて見てはいけないのだと。

また、裁判員制度がスタートして、仮に自分が裁判員として選ばれたとき、もちろん、その中の一員として、公正公平な判断をしたいと思いますね、当然。ただ、その際、大事なのは、「いかに自分の中で予断を排除して客観的に見つめられるか」、コレでしょうね。そうするには、普段から、クセをつけておかないとね!

ともかく、報道ニュースに触れたとき、グっと一息ためて、それをもとに「決め付けない」ということですかね?特に、刑事事件である場合には、「判決が出るまで、ともかく判断をつけるのは待とう!」という、我慢と謙虚さが必要なんでしょうね~(^^)。

最近の日本は、ことに「言葉」が軽くなってきている感じがしますが、私も、軽率な発言はしないよう、気をつけようと改めて思ってます。
by かに (2007-10-11 18:59) 

sasakich

橋下弁護士に対して「ネオコンの手先」等の思想信条批判がありましたので削除します。
ちゃんと↑のエントリー読んでますか‥‥。
by sasakich (2007-10-12 10:11) 

天性の庇護者

すんません。ついうっかりしてました。
はい。素直に認めます。
少し感情的になりすぎていたみたいですなぁ。
まあ、裁判の結果をなぜ出る前にああだこうだってマスコミはいうんでしょうかね。
by 天性の庇護者 (2007-10-12 21:17) 

sasakich

>かにさん

物事を一面だけ捉えてはいけないって、本当にそうですよね~。難しいことかも知れませんが、少なくとも多面的に見る努力はしたいものです。
「言葉」もですが、私は「判断」がすごく軽くなっている印象を受けます。メディアとかで多少の情報(しかも偏っているかも知れない)を見ただけで「こいつが悪い!」「死刑だー!」とか簡単に言い過ぎというか。
当事者なら早く解決したいのは分かりますが、結局は他人事なのに、何故そんなに答えを急ぐのか不思議です。余裕が無いんすかね(笑)



>天性の庇護者さん
熱心にコメント頂くのはありがたいのですが、少し内容や言い方に気をつけて頂けると喜びます。

>まあ、裁判の結果をなぜ出る前にああだこうだってマスコミはいうんでしょうかね。

まぁ、一義的には、儲かるからでしょうか(爆)
by sasakich (2007-10-12 22:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。