So-net無料ブログ作成
検索選択

「難民は差別語」という発想に差別意識はないのか? [貧困]

先月、「ネットカフェ難民」は差別語だ…業界団体が声明発表を見て、ネカフェ難民についての統計調査に業界団体が反発していることを知り、じゃあ国の統計調査自体の信憑性も怪しいんじゃないか、といった趣旨でエントリーを書いた。
一方で「難民は差別語」って言葉にも大変引っかかりを覚え、今日と同タイトルでエントリーしようと思っていたのだけど、引越し準備にかまけているうち、かめ?ブログで同趣旨のエントリーがあったので、他の人が書いてるならまぁ良いやーと思って放置していた。
しかし、またしてもですよ。
ネットカフェ業界 遠のく女性客…「難民」呼称に反発

まず「難民なんて差別的な呼称は失礼」という発想に「じゃあ本当の難民は差別されて良いんかい」という疑問は0.5秒くらいで沸くが、それについては前著かめ?ブログと重複するので置く。
この話題について、私がまた別の面から憤りを感じるのは、ごく端的に表現すれば「お前が言うな」って問題だ。
「『住居喪失不安定就労者』はサウナやファストフード店にもいるだろう」「ネットカフェだけに、そういう人がいるという印象を与える」と業界団体は怒っている。
そりゃ確かに、マックにもサウナにも「難民」はいる。けれど、マックなんて定期的にバイトが起こしに来るし、だいたい机に突っ伏すか椅子にもたれかかるしか寝る方法も無い。一方でネットカフェは、シャワーを完備するなど「どうぞ泊まってください」という体制を作り、明らかに「難民」を始めとする宿泊客をターゲットに商売している側面がある。
当初は「便利だからたまたま」定住できない人々がネカフェ・マンガ喫茶を使っていたにしろ、今は店の側が宿泊客を一定の客層と捕らえて商売をしているじゃないか。今や、宿泊客の需要がなければ、それはそれで客足は減る。特に深夜はネカフェ難民を始めとする宿泊客あっての収益であり、ネカフェ難民あっての24時間営業という側面もあるはずだ。
それを棚に上げて「うちだけにいるわけじゃない」とか言われても、困ったもんである。

私もネカフェには何回か泊まったが、あんな狭い部屋なのに毎日泊まれば月4万円近くなり、安価なアパートと変わらない。その上、料理も冷凍食品・スナック菓子でぼったくっているわけで、そこで生活せざるを得ない「難民」から散々儲けているから、店からすれば確かに「大切なお客様」だ。
しかし、じゃあなんで「他の場所にもいる」とか言って存在を隠そうとするのか。もっとおおっぴらに「ネカフェ難民歓迎!」「足を伸ばして眠れます!」とか宣伝しても良いくらいじゃないか。
そうしない理由は、彼らの訴える客足の減少にあるわけだ。
家を持たない人々に対するイメージが悪いのは、もちろんネカフェのせいではない。社会全体の差別意識の問題だ。そして、実際にネットカフェで暮らす人は、いわゆる「浮浪者」イメージと一致しないことも承知している(浮浪者イメージと一致すれば差別して良いのかという問題は置く)。「難民」の言葉から想起される誤ったイメージが、収益減少に繋がっているのは確かに事実なんだろう。
けれど、それでも疑問に思うのは、彼らが「ネカフェ難民」から実際には暴利とも言える金を儲けておきながら、一方で一般女性客には「うちにはネカフェ難民なんていませんよ、安心してください」と言っているように見えることだ。
そのダブルスタンダードを、私なりの悪意に満ちた独断と偏見で解釈すれば「ネカフェ難民には儲けさせて欲しいが、他の客が減るから、来てるってバレないようにしろよ」とのメッセージに思える。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。